ワーキングホリデー 海外でやりたい事を実現する。

一生忘れない留学
 WHAT’S Working Holida y

滞在資金を補いながら仕事をすることで、最長1年間の海外生活を体験できる制度の事をワーキングホリデーと言います。管理人も何度かワーキングホリデーを行って会社設立を目指したことがありますが、アレは凄く良い制度だと思います。まぁ、制度と言いましてもそんなお堅い物では無くて、プチ海外留学だと思って貰って差し支えないと思います。現地の人とも仲良くなれますし、非常に良いと思います。
ワーキングホリデーは、国際交流が目的の政府間協定です。日本がオーストラリアとの間にワーキングホリデー制度の取り決めを行って、制度がスタートしたのは1980年のことです。次いで、1985年にニュージーランド、1986年にはカナダとの間でこの制度がスタートしました。その後、韓国(1999年)、フランス(1999年)、ドイツ(2000年)、イギリス(2001年)が加わって、現在ワーキングホリデー対象国は7ヵ国となっています。 ワーキングホリデーが最初に始まったオセアニア、カナダと続いて、韓国とヨーロッパの主要3ヵ国が加わりました。選択の幅が広がったことは、未来のワーホリメーカーたちにとってとっても嬉しいニュースだと思います。
では、ワーキングホリデーと語学留学、観光などは、一体何が違うのでしょうか・・・。という疑問が浮かぶと思います。ワーキングホリデーを楽しむためにはワーキングホリデービザの取得が必要となるのですが、他の目的のためのビザである観光ビザや留学ビザとは違って、現地滞在の費用を渡航先でアルバイトをして、補ってもよいというのが大きな違いになってきます。